予約の仕方

予約は診療時間内に下記におかけください

03-6260-9863 
不具合時は下記を使用ください
緊急:03-6874-6127

 医院情報

飯田橋駅東口より徒歩0分
内科・心療内科・精神科

医院名
飯田橋東口内科心療内科診療所
飯田橋東口診療所(正式略称)
院長
下平 智史
住所
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-9-9
第七田中ビル8階
診療科目
内科・心療内科・精神科
小学生以上を対象にしています。
自立支援使用可能
障害者手帳・年金記載可能
生活保護対応
電話番号
03-6260-9863
緊急時:03-6874-6127
業者用、電話診療用、質問用:1@iidabashi-shinryounaika.jp
補足
精神保健指定医
内科認定医
心療内科専門医・指導医
社会医学専門医・指導医
千代田区医師会員
東京大学心療内科関連病院

お知らせ

【お知らせ】

心療内科初診の方の持ち物

初診受診時には、保険証と病歴のまとめをお持ち下さい。

(紹介状をお持ちの場合も高校生以上の方はご本人様なりの病歴のまとめは必要)

コロナ感染防止のため 現在WAIS、WISCは予約枠を縮小して行っております。

人数制限・会話制限をしております。お子様以外はお一人で御来院ください

ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。

発熱及び感冒の方

当院は完全予約制で別時間に別場所で診察します。大変申し訳ございませんが、院内感染予防のためご協力お願いします。

診療所の役割として、一般の内科の診療所で発熱者の診察が行われ、PCRが薬局でもできるようになっている現在において、当院においてのコロナ対応は限定的であると判断しており、あまり積極的な治療体制をとっておりませんが夜間のPCR検査などは行っております。他の疾患に力をいれて対応したいともおもっております。

GWの東京都からの発熱外来の依頼時は別途対応しております。

内科の受診のご案内

発熱以外の慢性疾患の一般的な治療を行っております。健康診断の結果の異常(高血圧、糖尿病、高脂血症)がある方は内科兼再診枠でおこしください。一般的なガイドラインに沿った治療を心掛けています。

急性期の治療などは限度があり点滴設備がなく、休養用のベットもありません。内科のかかりつけ医がいる場合はそちらを受信ください。基本的には一般の軽傷治療と慢性疾患の治療は内科医として行っております。

これより下はメンタル疾患のかた向けの記載です。

メンタルの受診のご案内

初診の方へ

ご来院の際は、有休や半休などを利用して時間を多めに取ってからお越しください。緊急の対応や時間のかかる対応があると、ご予約の時間より60分ほどお待たせしてしまう場合がございます。申し訳ございませんが病気の方が来られる医療機関ですので少なくとも半日空けて受診してください、よろしくお願い致します。

初診の診察時間:他の診療所より多めに取り、なるべく初診にて見立てや方針をお知らせしています。有意義な時間にするため可能な限り時系列で病状をまとめて、相談事を箇条書きでもいいので書いてきてください(携帯にメモされても転記にかなり時間がかかるので紙でお願いしたいですし、診断書があっても本人なりの病気の捉え方をみます。病状のまとめ例がこのページの下記にあります。)

治療や検査の進み:病気に困っており継続的に受診してくださる方を治療しており、病状に応じて1~4週間ごとに通っていただき、最低数か月はかけて治療していく中でしっかり心理検査・心理療法を併用して治療していきます。初診の目的が「治療を継続的に受けるつもりはないが病気かどうか診察してほしい」「家族の病気について相談させててほしい」「他院の検査結果を説明してほしい」「治療ではなく診断書がほしい」「検査だけしてほしい」などの目的の方は当院では初診の方としては診察しておりません。診療所は基本的には病気の治療の場所であることをご理解ください。継続的に再診して治療を受けてくださる患者さんには基本的には5-10分の再診時間で医者として可能な限り対応したいと思っているので家族のことや他医療のことまで遠慮なく相談してください。


投薬ですが、患者さんと話し合いながら薬の量を決めていきます。不安の薬だけでも20種類以上はありその組み合わせでうまく対応していくことが重要です。最初はマイルドな薬からだんだん症状を見て増やしたり強いものに切り替わります。病状が重度の方はだんだん薬が強くなっていきますので、合うまで辛抱強く毎週通ってくださると嬉しく思います。薬は効果だけではなく副作用との戦いが非常に重要になりますので、急に強い薬は出せないことをご理解ください。心理療法で頑張りたくて薬が増やしたくないときは必ず相談しましょう。私は症状を聞いて「それならこの薬を増やしましょう」とか「変えましょう」と提案しますので、「もう一週間、今のままやってみたい」「心理的なアプローチの方がいい」など遠慮なく申し出てください。薬は一つの薬で治療がうまく行けば簡単ですがそうはいかないことが多いです。特に長年病状が継続している人はそれなりのものがあるわけですから、料理の調味料のようにいろいろな薬をその時その病態の本人に会った量や種類に調整することが重要であります。

薬はとても大事なもので、病気の時は味方につけたいものですが、薬だけの治療はできるだけ防ぎましょう。常に「一歩上の健康状態になるために自分のやれることは何か」を考え相談し行動てくれると病気の改善が早いですよ。

自分の病気を改善するために何ができるかを考えながら、病気である自分を受け入れてくれている周りの人や環境に感謝をして生活ができるようになると病状が改善しやすく、周りの環境もより良いものに変化していくと思っておりますので、一歩一歩進めていきましょう。

治療の方針を初診でお伝えすることができると思います。薬や心理療法など患者さんの需要にマッチしないときもあるかもしれません。治療はお互いの同意がないと進みません。どちらかが同意されない場合は、同意してくれる先生を探すことも重要です。初診は、患者さんはこの先生とやっていけるか、医者はこの患者さんの需要を満たせるかどうかをみるものでもあります。特に強い要求のある患者さんはマッチしないときのことも想定してください。

再診時の待ち時間は皆さんの需要が高い時には1時間以上またせることもあります。予約しても待ち時間はかわりません。再診の待ち時間が少ないのは木曜日の夕方と平日の8時以降が狙いめです。ただその時間でも入院の話など深刻な話があると時間がかかってしまいます。なるべく調整しますが、美容院の予約の用にはいかないことを理解ください。

私の英語力などの問題や心理テストが日本語のため、日本語が話せるかける人のみ治療しております。

持ちもの 本人が病状のまとめをかけない方は受診を遠慮してもらっています。

1.保険証(当日お持ちでない場合は10割頂き、次回診察時に確認取れたら返金します。現在有効な保険証以外は出さないでください大きな問題となります。)

2.病状のまとめ(時系列に記載くださると嬉しく思います。紹介状があるから、どこかの診断書があるからと書かれない人がいますが、患者さんなりのまとめを本人が必ず記載ください。その人がどのくらいまとめられるのか何にいつからどのくらい困っていると感じているのか、どのくらい治療の意思が強いのかを確認するためにとても重要です。)携帯ではなく手書きか印刷にてお持ちください。(このページの最下部に記入例がありますので、ご参照ください。)

3.紹介状、以前の心理テスト(ある方はお持ちください)

適応の疾患についての御注意

1.当院では行動を修正したい希望がある方を多く診ています。私の専門も行動変容を促すことを主眼にしています。不安で行動がうまくいかない、食行動・睡眠が適切に行えない、普通の人と同じことができない、抑うつ的になって仕事ができないなど、自分の状況を理解し、改善させていくために受診されることがおおいです。

2.衝動性が高い人の中で、援助者にたいしていも攻撃性が強く出て医者や職場の援助にたいして衝動的に色々と問題になっているにも関わらず自分の問題と認識していない人は当院ではお断りさせていただいております。

自分の衝動性を理解して、衝動性が出ないように工夫や努力をしていくことが大事です。当院では衝動性の高い人にも、自分が悪いとか相手が悪いではなくて、自分やその周りの人と仲良く波風立てずにうまく生活することや穏やかな生活をする話をしていきます。自分が病気で衝動性が高くそれを治そうと思えないと、どうにも介入が困難であり自分の問題として改善させる努力をする気持ちになるまでは受診を中断させていただいております。悪しからずご理解ください。

小さな診療所でスッタフも少なく受付は専門職ではない受付で専門的なことはお答えが難しいことがおおく、治療方針など聞かれて受付の者の説明はおそらくできていないとおもいます。そのためHPになるべく書き込むようにしています。各自治体のことなどは各自治体におききください。受付や電話で様々なことを受付の者に長時間間きかれるかたはほかの対応ができず他の患者さんのご迷惑になりますのでメールにておねがいします。次回診察のときにお伝えします。

新規予約の方法

必要な人に必要な時間を確保しようと思っておりますので予約枠のシステムのご理解ご協力をお願いします。また、予約は高校生以上の方は必ずご本人様から電話ください。HPをよく読み、予約のお電話は3分ぐらいでおねがいします。事前情報などは1@iidabashi-shinryounaika.jpに下されば可能な限り対応します。

内科の方は一般枠であれば予約が不要です。

メンタル疾患でも不安や不眠のコントロール時間のかからない疾患は一般枠として診察しております。一般枠の予約として必ずお電話で「一般枠の予約」と申してください。

時間がかかる相談や深刻で複雑なお悩みがある方新規のメンタル予約枠をおとりください。曜日により新規のメンタル予約枠が異なります。お時間が一番確保できるのは月曜日・火曜日・金曜日の日中に設定しておりますのでその時間は一時間ぐらいかかる相談にも対応します。予約の電話で新規のメンタル予約枠に入れてほしいと申してください。

遠くから飛行機や新幹線で御来院されるかたは、大変うれしく思うのですが、心療内科の疾患は一回私にかかっただけでは改善は難しく思います。こういった病気は負担なく通えるところでいい医者を見つけることが重要です。時にはつらい中で緊急で受診することもあるでしょう。遠方だと対応ができずに困ってしまいます。医者と二人三脚で治療を進めていくことをお勧めしていますので、毎週通われることも想定してご理解をお願いします。

また他院受診中で当院受診される方がおりますが、他院受診中の患者さんを平行で治療することは特殊な状況(デイケアショートケア先やカウンセリング先)以外行っておりません。転医するのは歓迎ですが他院受診中の方で相談事がある方は自分の主治医に相談してください。

書類の記載

精神科治療では初診の時に基本的には休職の診断をするものではないとされ、本来はそこまで重症になる前に受診してほしいのですが、そうはいっても急性期は混乱期でもあるので緊急性がある場合は初診の時には当院で継続治療する方のみ休職の診断書を最大2週間でお書きしております。休職中は治療が必要であり7-10日の範囲で必ず受診する方のみ対応しています。

注意点:通院中の患者さんと通院中でない患者さんはかける書類が明確に分かれています。

継続的に通院中の患者さん:ルールはありますが可能な限り診断書を書き、民間や公的な援助がしっかり受けられるようにし、持病がありながら生活する大変さに考慮して対応していきます。医師として継続的に受診してくださる方は私にとって特別な患者さんであり、できることはしっかりしていこうと思っております。年金は当院で1.5年、手帳は6か月しっかり当院で治療を受けている人を基本的には対象としています。

継続的に通院中でない患者さん:通院時の書類は書きますが、その後の書類を書いてくれと言われてもお書きしておりません。というか書けないものなのです。通院されていない患者さんにも関わらずものすごく強引にお願いされて困ってしまうことが多々ありますが、基本的にほぼかけません。主治医が書くものであり、主治医とは何回か診てもらった医者ではなく現在継続的に診ている医者になります。通院しない期間の傷病手当、労災、年金、手帳、雇用保険、民間の保険や診断書などなど、多くの書類は現在しっかり通院と治療をしているにも関わらず障害が重く仕事が困難であるがために発行する書類であり、その保証を受けられるものです。

ご家族の方へ

本人と家族の心の健康に寄与できる診療所を目指しています。

基本的にはある程度の年齢の方は初診の受診時に家族が話したいことがあれば同席してもらい一緒に話をしていくことをしております。再診の時に家族の意見を伝えたいときなどは手紙にして下されば患者さんと診察の時に一緒に見ながら家族から見た問題点に対しても話し合いたいと思います。

申し訳ないのですが、急に家族だけ来られて長時間お話しされるのに対応できなくていろいろな問題が生じないようにしたいと思っております。多くの患者さんが待っているときに、困っているのはすごくよく分かるのですが、10年以上前の結婚当時の話などから延々され、「紙にまとめて下さい」と申しても、「昔の話よりどうしたら元気になるか考えましょう」と申しても、長時間まとまらず相談に来たご家族にも待ってくださっている患者さんにも多大な不利益不満足をお掛けしてしまうことになり、当院の課題となっております。

患者さんのために家族から状況を聞くことはとても大事ですし、対応をお願いすることもがあります。家族の気持ちの改善や不安の解消が本人の治療に必要ですし、ご病気の方の家族の負担はとてもとても大きいものであるとは医者としてしっかり認識しております。家族が来られるときも最大10分での診察の中になりますので質問などを紙に書いていただいて私が説明する形になります。一回ですべての質問をしようと思わず基本的には患者さんからお聞きください。

当院ではご家族からの要望もあり、ご家族のケアや患者さんの治療などに対するご意見など心理士のカウンセリングにて整理して頂き、家族全体としても健康になれるように援助していきたいと思います。ただ、守秘義務があるので本人の許可を得ておねがいします。(相談整理の予約カウンセリング代として数千円/回別途、保険の家族通院精神療法代等:3割負担で1500円がかかります)

治療の限界

薬の限界があり、薬はそれぞれ薬の数だけそれを必要とする人がいると思っており、多くの人には出さない薬でもこの患者さんには必要とされているということは考えています。ベンゾは出さないなどといった自分の価値観を人に押し付けることはしません。しかしながら長期的に見て悪影響のある薬など使用制限をかけている薬はあります。法律の制限、保険医療の制限、当院の制限などがかかることをご理解ください。

覚せい剤系の薬は出せないものもあります。また、ベンゾ系とよばれるデパス(エチゾラム)やハルシオン(トリアゾラム)やサイレース(フルニトラゼパム)は当院独自の制限があり、毎日必要な量しかお出ししません(倍量処方や定期として出して屯用とするなどの違法な処方は当院はしておりません)。大事な薬ですので大切に使用して、依存者や乱用者を防ぎ悪薬とされないようにするのも、医者の努めであるとおもっております。

デパスは最大で2㎎/日としてますし、1.5㎎以上は14日制限をかけてます。これは多く飲むと依存が発生するためであり他の抗うつ薬などに変更し1㎎/日にするようにしています。

ハルシオンも最大で0.25㎎/日としてそれ以上は14日制限をかけています。これは多く飲むと依存が発生するためであり他の抗うつ薬や気分安定やくに変更をお願いしています。

ご友人の方へ

ご友人の方や知り合いの方、頼りにされている方や職場の方が、初診で同席されたいと申される方がおりますが、当院は初診再診ともに患者さんとその家族だけにしております。

いろいろと情報をいただく場合は紙ベースでいただけますと大変うれしく思います。

新規予約の診療時間


時間
午前
  9時~12時





午後
13時~17時







18時~21時





新規のメンタル疾患の患者さんは必ずお電話ください

予約不要一般枠(メンタル再診、内科、メンタルの不眠や不安のみの新規の方)

予約必要枠(新規のメンタル受診希望者、 他の方も受診希望の方は予約ください)

治療方針(共に決めていける医療)

治療を患者さんとともに決めていくことを、Shared decision-making(シェアードデシジョンメイキング:協働意思決定)といいます。飯田橋東口内科心療内科診療所は受診時間の中で、患者さんと一緒になって何が一番望ましい治療かをともに決めていける診療所でありたいと思っております。

長年心理療法の訓練を受けてきましたので、どんな治療も薬のみで治療されがちな現代医療の中で心理士の力をかりて心理学的な行動変容に意識を置いた治療を提供して行きたいと思っております。病気の治療は薬でのアプローチも大事であり薬の対応は重要ですがそれだけでは十分ではなく、患者さんの適切な時期に適切な行動変容を行うことが重要であり、時には本を読んでいただいたり、日記や生活リズムをつけて頂いたりしております。
ただ、病気が仕事をするのが困難なほど中程度もしくは重度であるにもかかわらず薬を飲まないのは通常の医療とは異なり、害が本人及び周りにかかることがありまして、当院ではあまり通常と異なる治療はしていないのはご理解ください。患者さんが自分だけで決めるのではなく双方の同意によって治療がなされることで、職場や家族からも信頼されるしっかりとした医療を作っていく必要があることを認識してください。

ご注意

当院はセカンドオピニオンを受け付けておりません。また、2箇所3箇所の予約を取りよい所に決める非礼な方や、他の診療所での心理結果や質問を当院に持ってくるかたを基本的にお受けしておりません。主治医の先生と信頼しあって二人三脚で治療を進めることが治療には重要ですので、冷たく感じられるかもしれませんが現在の主治医の先生を大切にしてぜひ主治医との相談を重要視し、まずは主治医に相談してください。本当に困っている方を適切に診察するためによろしくお願いします。他院でしばらく治療して改善しなくて当院に転院する方は多く、うれしい限りですが、当院で今後継続的に受診する意思がある方のみ診察を行い方針などを説明させていただいております。

それとは別に、他院受診中の患者さんで、薬がなくなるが主治医の予約がとれない場合、主治医が急に休みになっていた場合、時間に遅れてしまって受診できなかった場合などで他院受診中の患者さんが薬がなくなってしまうときには、遅くまでやっている当院の使命と近隣にお住いの患者さんの利益のために当院で緊急避難的に投薬を2週間ほど繋ぐことはします。薬の継続で困ったときには他院通院中の患者さんでも受診してくださって大丈夫です。

費用等

基本的に診察費用は日本全国どこで診察を受けても保険診療であれば費用は変わりません。よっぽど特殊なところでないと診察予約料はとらないでしょう(診療予約料は保険外ですが違法でありません:当院はとりません)電話で値段を聞いてこられる患者さんがおられますが、日本全国共通ですし、採血や心理テストなどによって変動しますのでなかなかお答えしておりません。それで受診を決めることはないはずです。当院は保険が使え自立支援も使えます。

メンタル疾患の方で継続的に受診が必要で費用にお困りの方である程度の重い病状のかた(不眠やギャンブルなどを除く)は自立支援医療の援助を受けることが可能なことが多いです。この援助は診療所や薬局での精神疾患およびその合併症(含む採血心理テストなどの検査)において患者さんの保険診療の負担割合を1割以下にすることができる制度です。近隣都県の診断書は当院に用意しておりますので希望者は申し出てくだされば記載してお送りします。お住まいの役所に提出して受付印を押してもらった日から1割負担にすることが可能です(本来は都道府県が認定してからですが・。認定が降りなかった場合は2割分を後からいただきます。)世帯収入の上限などはありません(重度かつ継続の書類もお書きします。)。【東京都】

この制度を早く使うことが費用にお困りの方には大切になりますのであらかじめお伝えしておりますが、病状によって特に病気になられたばかりで軽度の方は認めらなかったり、検査が終わるまで書けなかったりします。

医療連携:東大病院心療内科等

東京大学医学部付属病院心療内科
碧水会長谷川病院
東京逓信病院
JCHO東京新宿メディカルセンター
NTT東日本病院

など紹介しておりますが、ほかの医療機関にも紹介は可能です。しかしながら適切なところに紹介すべきであり病態によっては紹介できない病院があります。(内科の治療が必要であるが精神科にいきたい、自傷や治療意思が低いが一般病院に入院したいなどの無理なご要望には困難があります。)

病状のまとめ記入例(うつ症状が気になる方向け)

病状のまとめ記入例(発達が気になる方向け)