飯田橋駅東口より徒歩0分
内科・心療内科・精神科
東京都千代田区飯田橋4-9-9
第七田中ビル8階

TEL: 03-6260-9863

上記不具合時、緊急時:03-6874-6127

 当院はJR線路沿いです。

予約の仕方

予約は診療時間内に下記におかけください

03-6260-9863 
不具合時は下記を使用ください
緊急:03-6874-6127

 医院情報

飯田橋駅東口より徒歩0分
内科・心療内科・精神科

医院名
飯田橋東口内科心療内科診療所
飯田橋東口診療所(正式略称)
院長
下平 智史
住所
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-9-9
第七田中ビル8階
診療科目
内科・心療内科・精神科
小学生以上を対象にしています。
自立支援使用可能
障害者手帳・年金記載可能
生活保護対応
電話番号
03-6260-9863
緊急時:03-6874-6127
業者用、電話診療用、質問用:1@iidabashi-shinryounaika.jp
補足
精神保健指定医
内科認定医
心療内科専門医・指導医
社会医学専門医・指導医
千代田区医師会員
東京大学心療内科関連病院

電話診療(再診と一般内科初診)


現在コロナ時期の特別措置により平時は違法であるが違法性が免除されている電話診療は以下の三つです。病院ごとに決められているわけではなく国の指針であるのでどうしようもないものであると認識ください

1、全くの初診の方:産業医先のみ可能なようです

2、コロナウイルス疑いのかたの電話での相談(保険医療)

3、当院かかりつけの方の電話での処方(遠方の方が対象のつもりでしたが、不安な方発熱などあるかた通院が困難なかたはどうぞ)

基本的に違法なことは一切やらない方針の診療所ですのでご理解ください。
メールで申し込まれた方に対して電話診療が可能か医師が判断し、受けられないことも当然あります。
電話診療は発信専用の08037090856か当院の電話番号よりお電話します。

当院かかりつけの方の電話での処方

残薬は次回の受診時に調整しましょう。処方箋は薬局にFAXするので受信後に薬局に電話ください。

1@iidabashi-shinryounaika.jpに保険書の写メ-ルと下記問診票と経過を送ってください。

メール受付は24時間いつでも受け付けております。

[電話診療時間]

  月・火・木・土 夕方以降(金曜日の電話診療はありません)

診療時間内にメールをくださった方は夕方より順次お電話します。21時過ぎることも多いです。希望時間がありましたら希望お書きください(添えないときもありますが)

※メール受信のタイムラグのため、診療終了時間30分前までにメールをお送りください。

問診票:

大きく変わった症状
前回の処方で効能としては可能かどうか
副作用:特段調整が必要な副作用が発生しているか。
かかりつけの薬局名FAX先など(家の近くではなく「かかりつけ」をおしえてください。)

注意:この相談は対面の診察より診療の面での質がおち、診療に代わるものではないです。緊急避難的な投薬であり当院宛に後日清算が必要です。
最近は電車もすいており、当院はコロナの診察はしておらず、風邪症状の人も別室もしくは7Fにて対応しておりますので安心して受診が可能です。受信ではなくマスクをとって人と接する時の行動に注意をしましょう。職場に対して診断書を発行することも可能です。電話診療や紹介状は保険がききます(診断書は保険外


コロナウイルス疑いのかたの電話での相談(保険医療であることが多い)

必要に応じてコロナ感染症の外来や保健所にアドバイスや紹介状をお送りします。また、職場に対しては診断書を発行します。電話診療や紹介状は保険がきく場合が多い(診断書は保険外)必要な方には唾液でのPCRを行いますのでメールにてご相談ください。

1@iidabashi-shinryounaika.jpに保険書の写メ-ルと下記問診票と経過を送ってください。

メール受付は24時間いつでも受け付けております。

[電話診療時間]

 月・火・木・土 夕方以降(金曜日の電話診療はありません)

診療時間内にメールをくださった方は夕方より順次お電話します。

※メール受信のタイムラグのため、診療終了時間30分前までにメールをお送りください。


1、保険書表と裏(住所)の写真、住所が違う場合は住所を記載ください

2、問診票として 

日にちとすべての症状と程度を記載ください。熱など必ず測ってください。
症状(疲労感、熱、便、味覚、聴覚、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、下痢、吐気等)と症状の重さを軽度(年に数回ある)、中程度(年に一度ぐらい)、重度等(あまり経験しない)で表してください。電話で症状と追加して話さないですべて記載してください。

例:

4/1:軽度の疲労、熱は最高で37.0度、軽度下痢

4/2:中程度の疲労感 熱は最高で37.7 中程度下痢 

4/3:中程度の疲労感 熱は36.5 軽度 軽度味覚の障害

不適切例:4/3から風邪症状(詳しく書いてください。)

、その他必要情報ご本人の携帯の電話番号、既往や現病歴、服薬(お薬手帳の写真でいいです)、かかりつけ薬局ない場合は受け取りたい薬局情報(当該薬局のHPのアドレス添付でもよい)


注意1:この相談が保健所がやっているコロナの相談窓口や専門医療機関がやっているコロナ外来の代わりになるものではありませんので必ずご理解ください。
注意2:3月までは相談しか許されておらず診断書の発行ができませんでしたが4月から初診の電話診察が許されたので診断書を発行できます。病名は「コロナ感染症疑い」になり、どんな仕事でも診断書を提出することにより休むことができます(会社の判断は不要です)。コロナの疑いがある程度あるなかでで決して会社に行かないようにしましょう。今日少しでも普段より発熱している人が職場に行くことや人前でマスクをとることは絶対に避けないといけません。
注意3:この相談は対面の診察より診療といった面での質がおち、診療に代わるものではないです。診療報酬が発生しますので、他人の保険書を使うなりすましは詐欺などの重い罪にとわれます。また当院宛に後日清算(振り込み)が必要です。

Q&A

Q1:かかりつけですが慢性疾患ではないけど処方してくれませんか?
A:可能になりました。

Q2:当院かかりつけではないですが慢性疾患なので処方してくれますか?
A:初診は原則対面が望ましいという厚生省の話があり原則対面を基本とします(除く産業医先)。

Q3:コロナに感染した可能性があり、不安でコロナ外来や保健所に相談しようか迷っています。診察できますか?
A:電話相談後、必要に応じて唾液のPCRが可能です。紹介状や会社宛の診断書を作成できます。

Q4:精神科心療内科の初診をみてくれますか?
A:初診での向精神薬の処方が禁じられており、電話では診察困難な場合が多く直接来ていただく必要があります。

Q5:処方は薬局に送ってくれますか?
A:薬局のFAX番号をメールでお送りください。FAXは送り間違いが発生しやすい(100件送れば必ず発生する)ので送り間違いが困る人には郵送でのやりとりとします。

Q6:初診ですが○○なので7日分以上出してください。
A:保健医療の規則的に出せないので理由を言われても困難です。7日となっております。初診は原則対面となりました。