飯田橋駅東口より徒歩0分
内科・心療内科・精神科
東京都千代田区飯田橋4-9-9
第七田中ビル8階

TEL: 03-6260-9863

上記不具合時、緊急時:03-6874-6127

 当院はJR線路沿いです。

予約の仕方

予約は診療時間内に下記におかけください

03-6260-9863 
不具合時は下記を使用ください
緊急:03-6874-6127

 医院情報

飯田橋駅東口より徒歩0分
内科・心療内科・精神科

医院名
飯田橋東口内科心療内科診療所
飯田橋東口診療所(正式略称)
院長
下平 智史
住所
〒102-0072
東京都千代田区飯田橋4-9-9
第七田中ビル8階
診療科目
内科・心療内科・精神科
小学生以上を対象にしています。
自立支援使用可能
障害者手帳・年金記載可能
生活保護対応
電話番号
03-6260-9863
緊急時:03-6874-6127
業者、電話診療用:1@iidabashi-shinryounaika.jp
補足
精神保健指定医
内科認定医
心療内科専門医・指導医
社会医学専門医・指導医
千代田区医師会員
東京大学心療内科関連病院

新型コロナ疑い方のかたへ(夜間検査してます)

有症状者(予約必須)は月火木曜日の夜(21時以降)土曜日の17時頃におこなっています。(診療所の通常業務終了後で他の診療所が空いてないときに対応しております)場所が違うので案内メールがきてから所定の場所におこしください、決して8F診察室に来ないでください。結果は現在二日かかるようです。

濃厚接触者の唾液のPCRや、企業などの濃厚接触ではないが検査する部署の唾液PCRの対応などもしています。メールにてご連絡ください。

新型コロナ疑い方のかたへ

発熱者の精査(採血やインフルの検査)などの診察治療は行っておらず、風邪症状(発熱を含む)の方へ唾液のPCRでの検査投薬を行っております。風邪症状や高熱でコロナかもしれないと思われる方を対象にしています。当院に予約後に受診下されば風邪症状の薬に加えてコロナの唾液PCR検査を行うことが可能です。これでコロナでないときに他の疾患を疑い発熱外来などの専門外来を受診くださればと思います。

現在東京都では無料のPCR検査所や薬局などでのPCR検査が可能となっています。そのため、当院の役割としては検査後で陽性の方への電話などでの対応がメインであり、重症になったかを病院受診していただけるように見ていくことだとおもっております。


医療機関での検査が必要な方に夜間のみ診察終了後に別フロアにてPCR検査と電話メール相談をおこなっております。(日中はたくさんある他の診療所をご利用ください。)近隣の患者さんやかかりつけ患者さんと行政から紹介があった患者さんをおうけしています。


ただ、診療所でありますのでPCR検査ぐらいしか対応ができず、呼吸苦や全身症状の悪化などある場合は二次救急などの発熱外来の受診をお願いします。また、結果にかかわらず熱などの風邪症状のある方は自宅療養が基本です。

必ずメール1@iidabashi-shinryounaika.jpにてお問い合わせください。電話されましても、「Hpを見ていただきまして、メールにてお問合せお申込みをお願いします。」とお伝えするのみになってしまいます。新型コロナ以外の方を優先しているクリニックのためご理解をお願いします。

症状がある方、行政からの紹介の方、民間PCR陽性者のPCR検査 

検査は夜に完全予約制(別室)で行っております。どなた様も1@iidabashi-shinryounaika.jpまでメールで予約や病状からの受信相談をしてください。当院受付は素人で誤解を招くため回答をさけております。検査希望者本人からメールで問い合わせください。感染予防のため検査以外はすべて電話&メール診療でおこないます。決していきなり来院しないようにあらかじめご了承ください。


問診票として下記を記載して保険書など写真に撮り1@iidabashi-shinryounaika.jpにメールください。メールをくださった方に、ご連絡と検査場所と注意事項などをお伝えするメールをおくります。

 

添付:保険証の写真

問診票として本文に記載してほしい内容

1、住所、電話番号

2、紹介状や診断書の要否

3、既往歴や服薬の薬(面倒な方はお薬手帳を写メください)

4、症状の記載:下記例を参考に、日にちとすべての症状と程度を記載ください。熱など必ず測ってください。もしメールにての記載が大変な方は紙に書いて写メでください。

 

症状(疲労感、熱、便、味覚、咳嗽、咽頭痛、鼻汁、鼻閉、頭痛、下痢、吐気等)と症状の重さを軽度(年に数回ある程度)、中程度(年に一度ぐらいの程度)、重度等(あまり経験しない程度)で表してください。 

例:

 4/1:軽度の疲労、熱は最高で37.0度、軽度下痢

 4/2:中程度の疲労感 熱は最高で37.7 中程度下痢 

 4/3:中程度の疲労感 熱は365 軽度軽度味覚の障害

 

不適切例:4/3から風邪症状(すべての症状と程度を記載してください)

 

症状のある方はすいませんが、いきなり来られても別室の準備ができませんのでメールにて予約申し込みをお願いします。受付の事務員に医学的なことは回答できないためメール後に必要に応じて医師との電話診察にてご対応いただきますようにお願いします。

PCR検査(唾液)希望者のかたへ 

PCR検査を実施しています。(完全予約制で有症状者は診療所の別室で行います)

唾液によるPCR:コロナの可能性が高い人:民間のPCRや抗原陽性者、他の医師や保健所からのPCR紹介依頼、コロナの方の濃厚接触者などの同僚家族は(検査自己負担0円+保険の診察代金3000円未満)症状が出て9日以内のみ有効です。

 

必ず一人でお越しください。唾液のPCRは咽頭や鼻粘膜のPCRと同等とされています(発症9日以内)。検査はSRLに依頼しておよそ2日で結果がでます。(最近検査の人が多く+1日かかることあり)SRLは最高品質のしっかりとした検査が行われているはずです。

(当院は指示や説明が日本語のみとなりますので日本語ユーザのみ対応としてます。本人がメール可能、注意事項理解可能で日本語の指示が理解できる日本語ユーザーであることが必須です。)そのほかの方は大変申し訳ないです。

検査時間は月火木曜日の21時、土曜日の17時、ですが先ずはメールで対応します。

唾液のPCRと既存のPCRは同等のようですhttps://www.carenet.com/news/general/carenet/50501?utm_source=m1&utm_medium=email&utm_campaign=2020071601

新型コロナの方への投薬 

コロナ疑いの方のPCR時投薬

1.アセトアミノフェン  一回2

2.デキストロメトルファン 一回2

3.レバミピド 一回1

4.アンブロキソール 一回1

 を処方しております。

アセトアミノフェンは解熱剤鎮痛ですので熱やのどの痛みがなければ不要です。デキストロメトトロファンは咳止めですのでその症状がなければ不要です。レバミピドは胃薬で薬で胃があれないように出しております。アンブロキソールは去痰薬ですので飲まれたほうがいいかと思われます。

何かありましたら遠慮なく電話診察をメールで申し込んでください。

また、薬が切れそうな時も継続の薬が必要であれば電話診察をメールで申しこんでください。


コロナ確定後はラブゲリオをお送り可能です。発症後5日以内投与となっています。実質家から出られないので同意書なども必要な薬であり どうしてもということでなければこの薬はなしで上記の投薬でいいとおもいます。陽性者で対象者の方は、当院で報告・管理させてもらっている患者さんもしくは近隣の方を対象にしています。その他の患者さんは自身の管理してもらっている医師に相談し(紹介をしてもらって)てください(本人来ないと保険外となり実費8000円)

ラブゲリオについてPMDAのリンク

ラブゲリオ対象者のリンク(東京都も同様です。61歳以上か持病がある人しか無理なようです)


検査の解釈

PCR陰性者

陰性者は偽陰性の可能性があることを忘れてはいけません。熱がでてすぐでなければかなり判定能力はたかいものです。何回やればそれだけその時点でかかっていない確率はあがります。検査結果がでる数日間は自主隔離をおねがいします。

 

PCR陽性者

新型コロナだと認識して、保健所の指示に従ってください(50歳未満は保健所からの電話がなくなりました。)。濃厚接触者を作らないようにしましょう。

当院では治療を電話やメールで自宅療養をサポートしまして、重症者は専門外来を紹介させていただきます。

HER-SYSについて

東京都からの業務委託により自宅療養のコロナ陽性者へのHER-SYSの対応及びそのための電話をしております。当院の担当者からお電話(感染症用電話にて08048050856)いたしますのでよろしくおねがいします。

民間のPCRや抗原検査で陽性となられたかは当院から市区町村への連絡を行い、ケアを行うことが可能ですメールにもおもうしこみください。医師から電話診察にて詳細聞かせていただきます。

当院でHER-SYSで病態を追わせていただいている方にはHER-SYSの電話(午前中)以外においても困ったときや店員が必要な時に電話診察を優先的にしております(営業日のみ)。電話診察は1@iidabashi-shinryounaika.jpよりおねがいします。詳しくは電話診療の頁をごらんください。


厚生労働省のHER-SYSの頁へのリンク

HER-SYSはご自身で入力されますと大変助かりますのでよろしくおねがいします。なかなか自分では難しい方は当院からお電話させていただいて、当院スタッフが代わりに対応いたします。

概要:My HER-SYS(マイハーシス)とは、陽性者ご本人等がスマートフォンやパソコン等で自身や家族の健康状態を入力できる健康管理機能です。
My HER-SYSからご入力いただいた情報は、管轄している保健所へ反映・共有されるため、ご本人等の状態を迅速に把握し、適切なフォローが可能になります。

陽性時の役所への連絡

陽性の場合は、電話診察をおこない、法定感染症のため役所に連絡をして、そこから連絡がきます。また、健康観察のため毎日電話して状況をお伺いすることとなります。おしり置きください